一見すると、庭園の中に突如巨大な猫が表れたかのように見え、CGと言われても納得できるほど不思議なこの光景ですが、実は庭園にある植物を刈り込んで大きな猫を造形したものだったようです。イギリスのアーティスト リチャード・サンダース氏が、愛猫トーリーを亡くしたことを偲ぶため、庭に愛猫を植物で表現することを思いつき、作られた作品だということでした。植物の質感で毛並みが上手く表現されていたため、今回注目を集めていたようでした。

合成した画像のように見えるネコの造形物ですが、実際に作られているものなんて驚きですね。