話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

「中国=辛い料理が多い」ではないよ~!辛くない料理の地域もあるので見てみて~!

昨今の麻辣ブームも相まって「中国=辛い料理が多い」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。実は、辛くない料理の地域もあるんですよ。現在日本で有名な中華料理の多くは、大辛地域の四川省の料理だからこんなイメージが定着しているんですね。中国大陸辛さMAPをツイート主さんが作ってくれているので参考にしてください。

中華料理

ととちゃいなのアイコン
ととちゃいな
@totochina888

昨今の麻辣ブームも相まって「中国=辛い料理が多い」というイメージがあるような気がしますが、それもそのはず。日本で有名な中華料理の多くは大辛地域の四川省の料理だから!実は辛くない料理の地域もあるんだよーということでマップ化してみました🌶️🌶️🌶️

#ととちゃいな #中華料理 #中国料理

「中国=辛い料理が多い」ではないよ~!辛くない料理の地域もあるので見てみて~!

中国への反応

釘叻叻 🔨DingLekLek🔨 @DingLekLek260

はじめまして!こちらに提案があります:この地図を都市ごとに分けると、もっと大きな違いがあるかもしれません。例えば、広東には韶関という都市があります、韶関は広東地区で唯一辛いものを食べるところです。私はこのような考えからの意見です。

かずと(かずパパ) @kazuto0606a

南の方が辛い料理なんだね。超辛地域のすぐ横の沿岸部が辛くないのは面白い。沿岸部で新鮮な魚とかが手に入るから、辛くして保存する必要がない?

さかな @mnsknk

初めまして!辛くない地域が少なくて思わず笑ってしまいました。ぜんぶ沿岸部に固まってるんですね。

Meiren @Meiren76924568

山西不辣,山西是酸的😂

ゆきゃすいまる @YUKYASUIMARU

そうそう!そして四川より激辛な地域もある。ほんと中華料理は多様だわ。あと世界中、大抵の都市には中華料理屋あるのほんと助かる

mario/まりお@ニャンモナイト @mojyamojyari

辛くないとことめちゃ辛いとこが隣り合ってるのが面白いな…なんでだろ

あざらし @satoyzu

ほう、これは助かる。

ムロ @muroik

重慶市が大辛🐰で、河南省がちょいな辛🦁なのが萌。

fumei @fumeifeifei

おお、湖南・江西が最激辛地域。…やっぱり!

シェリ姉 @Shellysis

湖南省の長沙行った時、ホテルのバイキングで「四川より辛いからね!」と注意されてたから赤くない料理とったら、白いのに激辛でびっくりしたw 超辛地区だったのかww

takepopo @takenokoeujp

湖南省は张家界で食べたチキンが美味しかったんだけどもう本っっ当にありえないくらい辛くて号泣鼻たらしながら食べた記憶。 やはりあそこは中国でも特別の超辛地域なのね…

ままんもす @nishimas

大辛 超辛 激辛

藤田康介 『中医養生のすすめ』 @mdfujita

大体こんなイメージだけど、例えば浙江省衢州なんかは浙江省でも珍しく辛いものを食べるエリアだったりして結構例外もある。人の移動(移民)とも密接に関係があるし。上海は基本甘党で、同じ中国料理でも口に合わないという人もいますが、最近辛い料理も増えた。中国各地の味の好みは非常に複雑です。

🐢うさらぼ🐢 @_Hk3

でも南京料理とかかなり辛いのもあるのよねこれ

本当の中国 @realchinaheimu

妻の実家の山西省も多分辛くない方かな?

黄梅koubai @huangmeiyuemei

蝎儿の俳優さんが言ってたけど やっぱり #山河令 主要キャスト 辛いもの地域の人多し… #WordOfHonor

よしのぶ @yoshinobu649

上海・広州・杭州でホームステイしてたけど辛い料理は一切なくて、ただただ脂っこくてねちょねちょしてた 唯一小籠包だけは天才的に美味かったけど他はホテルの料理も含め100点満点中0.7点くらいの味だった。白米ですら0.7点。 スプライトが2ℓボトル70円で買えたので3食スプライト小籠包で耐えてた

中国は広いですね…だからこそ、色々な食文化があるようです!
中華料理=辛い!というイメージですが、辛くないものもありますし、主に海鮮系だったりお肉料理が主であったり様々です。

ただし、最近は中国大陸内でも激辛ブームが起こっているらしく、辛くない料理も辛くするという風潮があるようです。
MAP内の大辛地区とされている場所で激辛を注文するとどえらいことになるのでご注意くださいね…。

色んな好みの方がいると思うので、胃にやさしい中華料理を食べたい時は、天津や上海の料理を参考になさってください!

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード