缶詰タイプのプリンを飼い主さんが食べていると、ふわふわな飼い猫が自分のご飯だと勘違いして足元にすりよってきます。
「プリンだってば」と女性が言っても猫ちゃんは諦めずに逃げる飼い主さんを追いかけて付いていく姿は本当にかわいらしいです。
自分のご飯を飼い主に食べられてしまったと思っているのか、「猫缶じゃないよ」という言葉にも聞く耳を持たずにひたすらついていきます。

「私の猫もそう」「僕のご飯食べた(涙)」というコメントが殺到していて、猫を飼っている人にはあるあるな事だということがよくわかります。
このあと飼い主さんがプリンを完食できたのか非常に気になりますね。