飼い主さん曰く、このジャックという猫は
「喉頭麻痺」の手術によってこのような声になったと
動画をアップした際に記述されているそうです。

ただし、以前に同じ飼い主さんがアップした別の動画で
別の猫ちゃんも、これほど低い声ではありませんが
喉頭麻痺と思われる、ちょっと変わった声で鳴く猫の動画もアップされており、
同じ飼い主さんが、同じ喉頭麻痺の二匹の猫を飼うというのは
珍しいのでこの動画が偽物なのでは、と言われているようです。

ただこの動画は本当ならば、喉頭麻痺の猫ちゃん二匹に出会うというのは
とても奇跡的なことで、何かの運命でこの飼い主さんの元にやってきた、
と考えるととても素敵ですよね。
この独特の低音のボイスも、
この猫ちゃんだけの素敵なチャームポイントなのではないでしょうか。