このことから何もできないことを「どうもこうもならない。」というようになったとさらりと書いてありますが、結構怖いですよね。日本の昔話もけっこう突飛なものがあるんですね。これからどうもこうもを使う時に思い出してしまいそうです。いろんな言葉の語源をしるのはとても面白いですね。普段何気なく使っている言葉について、今一度、語源や由来、その言葉にまつわるお話を知りたいと思いました。語源に興味のある方はこの「どうもこうも」読んでみてください。こわいですが。