石油ストーブやヒーターに灯油ではなくガソリンを入れてしまうと、タンクに入れたガソリンが漏れ出し長時間使用すると、漏れたガソリンに引火して火災につながります。また異常燃焼起こしてしまい、そこから火災が発生することもあります。

もし自分が使えるかどうか怪しい燃料を持っている場合は、近くのガソリンスタンドに行けば燃料を捨てられますし、消防所などに連絡してどうするか尋ねるのもいいと思います。

また燃料は決められた容器に入れて運搬保存しましょう。