酸化防止剤が入っていないもののはずなのに、なぜか酸化防止剤そのものに変えられてしまうワイン…。しかもメーカーの名前も間違えてしまっているので、色んな方面からお叱りを受けてしまいそう。

どれだけ美味しいのかに少し興味が湧いてしまいますけど、コップ一杯で体に深刻なダメージを受けてしまいそうで、これをあおる勇気は出ませんね。

どういった経緯で生まれたのかは分かりませんが、色んな意味で衝撃的なポップでした。双方のメーカーのためにも、一刻も早く修正されることを願うばかりです。