新人教育でやってしまいがちなのは、教える側は既に仕事を理解しているので新人にどこからどこまでを教えるかを間違ってしまうことだと思います。

まったく何もわからない状態なのに、簡単に説明しただけで理解してもらおうというのはさすがに新人に厳しいですよね。

教える側も指導のプロではないので上手く教えられないのは仕方ないですが、この漫画のようにゆっくりと一つ一つ教えていくことを意識するだけでかなり変わりそうです。

これができればギスギスしなくて済むかもしれません。