料理好きの旦那さんが貯めた料理メモを、病気を患い歩くのもままならない身体になってしまったそうです。歩けないなら料理もできないだろう、と料理メモを捨てた奥さん。これはさすがに酷いですよね。

料理メモを生きがいにまだまだ生きれたかもしれないのに、それを絶ってしまったと後悔しても先に立ちません。

しかも料理を作ってくれたり笑い合ったりした料理メモなら2人の思い出なのに、そんな簡単に捨てられてしまうと、旦那さんもショックだったはずです。

だいぶ前から言われていますが、断捨離は自分のものだけにしましょう。