何気なくドアや看板などに書いてある文字。一体どうやって製作しているのだろうと疑問に思ったこともあったがこの現代はほぼほぼパソコンで印刷をしたものを貼り付けているのだろうぐらいにしか思っていなかった。たしかに、多くは貼り付けタイプなのだろうが、この動画のように手書きで依頼している店舗や公共機関もまだまだあるはず。貼り付け先の素材が平らではなかったり、貼り付け難い材質だったり、結果、手書きでしか対応できないものも多いはず。いつの時代もアナログ強し!最後は手仕事です。こういった職人さんにはいつまでも頑張って頂きたいものです。