ある日、猛烈な空腹感と共に「つけ麺」を食べたい欲求にかられたことにより、家を出て、電車に乗り、つけ麺屋三へと向かいました。つけ麺屋さん食券機の前では、つけ麺を食べたい欲求がピークと化し、そのままの気持ちで特盛の注文をしてしまったところ、つけ麺が手元に届き一口食べた後に、あまり多くの量を食べることが出来ないと気付いてしまうという失敗をしてしまったといったモノだったようです。

お腹がすいている時は、どれだけ沢山の量でも食べられる気持ちになってしまうこともあり、共感を多く集めていたようでしたね。