パン屋にある養殖ではなく、ついに野生のクロワッサン発見か!という訳はなく、こちらは「ヒラフスべ」というキノコで、初夏から梅雨時にかけて広葉樹の枯れ木の上などに生えるそうです。最初はレモン色のメロンパンみたいなこぶができるのですが、だんだん色が茶色くなって最後は粉状になってしまうそうです。ツイ主の方はちょうどこぶがクロワッサンの形状になって茶色に変色しかけている時に発見した様ですね。ちなみにキノコが好きな人の中にはヒラフスべを天ぷらにして食べる人もいて結構おいしいそうです。

しかし、自然の生物って不思議な物がたくさんありますね。これだけ似てたらパン屋のクロワッサンの横に置いてても誰も気づかないかもしれません。