自分では普通にしていることでも、他人から評価されることで初めてすごいことだったと気付くことがあります。嬉しくて普通の人はこの段階でこれは自分の長所や特技かもしれないと気付くのですが、自己評価の低い人は自分が褒められるのはあり得ないので、壁がすごかったからと周りの環境や運が良かっただけと卑下して自己評価に繋がらない様です。

自分の実力以上に能力を過大評価する迷惑な人はいますが、低すぎる人もそれはそれで面倒くさいですね。そうして考えると自分の価値を正しく認識している人はそれ自体が長所と言えるのかもしれません。