「悪口を言われるほど幸運」…この考えは一理ありますね。
確かに自分に幸運が向いているときには、自分のことを良く思わない人が出てくるものです。
よく、「好きの反対は嫌いではなく無関心」という言葉がありますが、それと似たようなものを感じます。

自分に対して悪口を言う人が現れたら、「その人が羨ましいと思うほど幸運」だということ。
これも、ある意味認められているということなんですね。
考え方次第でとらえ方が変わる、瀬戸内寂聴さんの素敵な持論でした。