絵やイラストを描く際、PCなどのデジタル機器で下描きや色付けを行うデジタル派と、紙に直接線を描写、また色付けを行うアナログ派の2つに分かれることが多いです。デジタル派はアナログ派に対して、デジタルでは表現できない線や色の付け方、そして修正がきかない手法に憧れを感じ、またアナログ派はデジタル派に対し、デジタルならではの編集技術や画面映えする絵に対し憧れを感じているということだったようです。

お互いに正反対な手法を使っていることから、どうしても無いものねだりな憧れを抱いてしまうのかもしれませんね。