肌に透明感を与えたかったら青や緑を加える……というのは化粧品のカラーでも通じるところですよね。

目部分に関しては彫りの深さを表現するため、眉毛と目の間に影を入れるのが◎。凹凸を意識するのが良いそうですよ。また、瞼や下睫毛と目の間のオレンジ色は皮膚が太陽に透けたイメージ。耳部分にも応用できるとのことです。

他にも、髪部分は「乗算レイヤー」でべた塗り→「通常レイヤー」で加筆→「オーバーレイ レイヤー」で色味の変更……と、影を後からつけるのではなく、下地を作ってその上に光が当たっている部分の色を乗せていくという手法になっています。

イマイチ自分の色塗りに自信が持てない方は、こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。