さて、今回の「こぐまのケーキ屋さん」では、店長の子熊(通称てんちょう)とその店の店員が図書館に行ったお話でした。

てんちょうさんはページを開くと絵が浮き上がってくる本、「飛び出す絵本」を知らなかったようですね。

てんちょうの「これはすごい…だれがはつめいしましたか?」…なんというか、何とも言えない愛くるしい感じが可愛い…癒されます♪カメントツ先生に感謝ですw

飛び出す絵本は仕掛け絵本とも呼ばれ、世界で初めて確認されたのは1306年ぐらいとのことで、まさか700年以上も前から確認されていたのですね。

このような折り畳みの仕掛けは自宅で個人的に作れるものもあるようですから、近々バレンタインデーというイベントもありますし♪ご興味がございましたら、飛び出す絵本の作り方について、お調べになって作ってみてはいかがでしょうか♪

ちなみに、こぐまのケーキ屋さんはカメントツ先生の公式Twitterや「ねとらぼ」というサイトで閲覧できます♪