雪が降ることが習慣化している国や地域の場合、ライフラインの確保や公共交通機関なども雪に対しての対策がきちんと用意されており、またそこに暮らす人々も雪に対する対処法を心得ています。しかし、普段雪がふることのない地域の場合、雪によっての混乱が予想されます。慣れない雪でけがをしないように身を守るために簡単に出来る対策として、雪道を歩く際は滑りにくい靴を履いたうえで、ペンギンが歩くような歩行方法をとると転びにくいようです。

雪に慣れない地域の方は、ぜひこの歩行方法で安全に雪道をあるくことを心掛けて下さいね。