タイトルなどでは、小説の内容が分からないため、読者により多くの小説を手に取ってもらうためにも、小説の裏表紙や帯などに話の大筋である、あらすじが書かれていることがあります。そんなあらすじの中には、殺人鬼とゴリラの挟み撃ちにあう、相撲を題材とした殺戮ミステリーなどのとんでもない話の内容を伝えるものや、作家の紹介がかなり独特な表現で書かれているものなど、インパクトが大きいものがあるということだったようです。

とんでもない内容が書かれているものが多いですが、こんなに面白いあらすじだとつい手に取ってしまいそうですね。