CMというのは、決められた短い時間の中に宣伝したいことをまとめ、視聴者に伝えなければならないのでその内容を考えたりアイデアを出すのは大変な苦労だと思います。
その中でも、ドラマ仕立ての面白かったり、感動できたりするCMがあったりとすばらしい作品が年に数本出てきます。

評価は人それぞれですが、このCMもそんな1本ではないかと思います。
佐藤二郎さんを起用しているのが、かなり影響が大きいと思いますが、思わず吹き出してしまいました。
佐藤二朗さんの演技は少しオーバーでしつこい部分がありますが、それがこの方の味だと思います。
そして、オチのあとの特徴的な笑いかた。これは嫌いな人もいるのでしょうが、好きな人にとってはたまらないでしょうね。