辛く深い悩みが抱えている場合、ついつい一人で考えてしまいがちになっていないでしょうか。一人で悩んでいても、脳の構造上にも辛い記憶が残ったままになってしまって、解決するための機能があまり果たされないようです。そんな時には、悩みを外に出すため、思っていることを紙に書きだす、誰かに悩みを話すということが重要になっているようです。そうすると、自然と悩みが癒えていくということでした。

悩みがあった時、誰かに相談したり、紙に書いたり、とにかく自分の外へ発散させることが大切ということが分かりましたね。