物の使い方によって本来意図したものとは違った使い方が出来ることがありますがそれによって相手に危害を加えてしまうことがあります。
傘も本来は雨を防ぐものですが使い方によっては相手を傷つけてしまうかもしれません。
傘の柄の部分を持たずにこのように持つと後ろにいる子供に怪我を負わせてしまうかもしれませんね。

大人の男性が傘をこのように持つとちょうど子供の目線になってしまいます。
特に駅の階段だとこうなる可能性があるので駅のポスターなどで注意勧告してほしいですね。