話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

共感する人が続出?「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」をまとめてみました。

Webディレクターとして働かれているツイート主さんが「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」を画像で4つ程挙げられていますが、共感の嵐が巻き起こっているようです。みるとどれも「理不尽な内容」なのですが、デザイナーさんのみならず色々な職業の方にとっても「あるあるな内容」なのではないでしょうか。

デザイナー

タケ@東京卍Webディレクター🔶のアイコン
タケ@東京卍Webディレクター🔶
@takelogtake

デザイナーさんが嫌がるシチュエーションをまとめてみました。

共感する人が続出?「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」をまとめてみました。

共感する人が続出?「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」をまとめてみました。

共感する人が続出?「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」をまとめてみました。

共感する人が続出?「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」をまとめてみました。

とら @itk19821

ぶち犯すに見えた

アニメ好きデザイナーmiz @mizuhowaka

全てビジネスライクに受け流している自分に気づく。何回目だっけと数を数えると心が4んでくやつだ、、、。

ひらがな五文字で「わんだふる」 @Nyanderful

「やっぱり最初のやつが良かった」

えるちゃん@ちごちゃんズ🍓 @eldritch8

デザイナーじゃないけど… UIデザインを含めたソフト開発案件で、べったり横について、口頭で仕様変更告げてけくる担当者が「うーん、2番目が一番良かったな…」って言った瞬間、「お前は安モンの漫才師か💢」ってブチ切れちゃったことあります。 もう30年も前のことで、今はそのスタイルの案件は拒否

舘 世岱 @tachi_yodaka

・「クライアントには確認してないけどまあ大丈夫だと思うからそれで進めといて」 ・「座ってるだけで良いから明日のクライアント会議、君も出てくれない?」 ・「週末に悪いけど月曜朝の会議用に2、3案考えといて」 ・「まあ、これはこれとして、この方向性じゃない事は分かった」

HATA @hatakumaso

仕事で書類書いてる時も上司がこうな時ありますね

NikukyuGekiLove @NikukyuGekiLove

プログラマーにも当てはまるので、わかりみが深い…

t04@カラーミーショップ @t04nakai04

デザイナーに限らず、会社員あるあるですね笑笑

abstruct @abstruct3

4については素人からの依頼ならば仕方ないのでは?作ってもらったは良いけど思ったのと違うのが出来上がってしまった、なんて別にデザインの世界に限らずよくあること。それを減らすため事前により良い提案を出すのがプロの仕事でしょ?自分もデザインではないが作る側、4だけは賛同できない

ニド @nido_climax

予め提出物を2〜3個用意して選ばせれば リテイク言われるリスクが減るって誰か言ってましたねぇ

まむ🌸 @kiku_mamu

クライアントの担当の上司がデザイン案決まった原稿コピーして謎の組み換えをし、その意図を汲めばいいのかと思ったらそのまま作れと言われ無茶苦茶な組みの原稿を作らされたことあったな…2回も

隼斗 @sonikokawaii

わかりみwwwwwww

わん @luckystars753

システム開発の世界でも、似たようなこと言われます…ここちょっと変えるだけなら明日までにできますよね?的な😭

きりん @kilinpa

デザイナーに限らずこのシチュエーションは反乱起こしたくなりますね…(よくやられてる

ソラリス@寄せ書き企画参加募集中 @Epic_STARS

色々思いますが、1番については、「あなた様(←注文者様)が仰る通りになんでもすぐにパパっとデザイン出来たら苦労しませんでございます」と言う感想しかでませんね。

上城/なろうでギャグ作品連載中 @CROSS_Z_BANJOU

この逆をお願いすれば良好な関係を築けそう

鬼天狗 @Resident_Evil_R

死ぬほどわかる 特に最後

ツイート主さん挙げられている4つの「デザイナーさんが嫌がるシチュエーション」ですが、どれも理不尽な内容で「これ言われたら嫌だな」と思えました。

しかも「言い返せない立場」なのが辛いですね。相手もそれを解って色々言ってきているのでしょうが、何となく「他の制作する系の仕事」でも共感できてしまうのではないかなと思えました。

私も全然違う仕事をしていますが、最後の「思いつきでしゃべるなアホ」を見て思わず笑ってしまいました。「最初から言ってよ」と心の中で叫んでしまいますよね。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード