話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

現実はこれ?おかしな事を言う人に正面から向かうと周りは試合に見えてしまう!

人は生きていくうえで人付き合いは欠かせないものですが、十人十色というように人付き合いは難しいものがあります。そんな中、たまにいる「おかしなことを言う人」に真っ向から戦ってしまうときがありますが、周りの人たちからするとこう見えてしまいます。

人付き合い

病理医ヤンデルのアイコン
病理医ヤンデル
@Dr_yandel

こういうことを言いたい

現実はこれ?おかしな事を言う人に正面から向かうと周りは試合に見えてしまう!

現実はこれ?おかしな事を言う人に正面から向かうと周りは試合に見えてしまう!

試合への反応

湖畔_NuiDori💧のアイコン
湖畔_NuiDori💧 @KOHARADIO

すばらしい

2021-03-23 23時09分
chihaya🦈STANLEYのアイコン
chihaya🦈STANLEY @STANLEY2021_01

観客側⤵︎ ︎

この試合に勝ったら告白?試合に負けてしまった結果!

みたまち@SKYキャップリーグ構想のアイコン
みたまち@SKYキャップリーグ構想 @takoyakiHEET

試合でも良いと思っている。 逃げるのが一番ダメ。

2021-03-23 21時59分
こんろんかずおのアイコン
こんろんかずお @qVX19WxQnaSLubr

うんうん、基本ガチで戦ってくれる人以外、相手にしないがベター。 ファイトマネー貰えるわけでもないしね。

2021-03-23 19時55分
こうた(傷心中からちょい回復)のアイコン
こうた(傷心中からちょい回復) @Kouta11308

でも逃げられない

2021-03-23 19時20分
六華荒神 〜杉下with右京〜のアイコン
六華荒神 〜杉下with右京〜 @6oH0bzyk7QfpyUQ

ぶん殴るにせよ 手を出さないために 痛いくらい握りこんで堪えるにせよ 拳の硬ぇ奴が勝つ( ˇωˇ )

2021-03-23 19時00分
ツイナビのアイコン
ツイナビ @twinavi

Dr_yandel様、ツイナビ編集部と申します。 ツイート興味深く拝見致しました。 弊社の記事で取り上げたく、ツイートを使わせて頂くこと可能でしょうか?ご検討下さいませ。 (お返事が1週間無い場合、恐れ入りますが見送らせて頂きます) 規約:

2021-03-23 18時48分
も。のアイコン
も。 @maguroneko2000

これがワクワクチンチンの極意か。深い。

2021-03-23 17時42分
さいたまプレジデント(仕事募集中プログラマ)のアイコン
さいたまプレジデント(仕事募集中プログラマ) @saitamasaitama

寧ろプロレスにするからこそ真っ向から戦ってくるものだと思ってるので、その認識が無いのは相当な天然な気もする……

2021-03-23 14時43分
偉大なる同志ふくろうのアイコン
偉大なる同志ふくろう @shp8h

話し合いで解決出来るもんじゃ無いんよな〜互いに「妥協」の概念が無いと、結局口の暴力では決着つかんから物理の暴力に走る

2021-03-23 13時36分
パチもん💩のアイコン
パチもん💩 @Pachimon_123

釣りは正にこれ狙いだな

2021-03-23 12時53分
ちからのアイコン
ちから @chikara_shuzei

おかしなこと=ルール違反 だと思っているので、反則行為は明らかに観客(外)からでもわかるのではないだろうか。

2021-03-23 22時47分
🐑ぷりちーこんこん😦こーめぇちゃんψのアイコン
🐑ぷりちーこんこん😦こーめぇちゃんψ @koomeedayo2525

これわかる

2021-03-23 20時08分
。のアイコン
@watakkkaZu_

どうすればいいですか

2021-03-23 19時28分
寝起き直太朗のアイコン
寝起き直太朗 @morimotoneoki

そゆこと

2021-03-23 19時03分
東のアイコン
@A_sin16

わかる、気がする

2021-03-23 18時45分
ベルデのアイコン
ベルデ @anabel_787

こういう相手には回避をとりあえずよくします。そのうち風化したり適当に流されて終われることも。

2021-03-23 18時26分

生涯において人付き合いは難しいものであります。
理想は自身と価値観の合う人と付き合っていければいいのですが、様々な人がいる中でそう簡単にはいかないときがありますよね。
そんな中、おかしなことを言う人に正面から立ち向かってしまうと、周りからは試合に見えてしまいます。

悲しいことに世の中は話し合いで解決できることばかりではないので、こういう人もいると心得ておいた方がよさそうです。
このような人には関わらないことが一番ではないでしょうか。

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード