前足、口を使って器用に後ろ足でヨタヨタと歩きながらにんじんを運ぶのはビーバーのお父さん。
家族思いのビーバーでにんじんを一生懸命運ぶ姿は天才志村どうぶつ園でも話題になりました。

阿蘇ファームランドのふれあいどうぶつ王国にはゾウやキリンなど大きな動物は暮らしていませんが、マーラやカピバラ、リスザルなど人懐っこい動物が暮らしているので、直接エサやり体験もできるので子供たちや大人まで新しい経験ができると思います。

遊びに行った際はぜひともビーバーのお父さんを見て欲しいですね。