ラブレターは私的な内容のものが多く、相手にだけ見られることを想定して書かれている物が多いです。
そのため他人に見られたくない内容のものもありますが400年経ってからまさか現代人に伊達政宗が書いたラブレターが晒されるとは思わないでしょうねw

LINEの流出などが問題になっていますがそれよりもこれは重いものとなっていますね。
50代の伊達政宗が恋人に浮気を問い詰めたことを詫びるといった内容ですがこれを晒されるとは思わなかったでしょうねw