「星をかった日」は、三鷹の森ジブリ美術館で公開さている短編アニメーション映画であり、上映時間も16分と短い作品となっています。
主人公であるノナは、ハウルとされていて「ハウルの動く城」の裏設定となっているようです。

なかなか見ることがない作品ではありますがこういった短編アニメーション映画をジブリは制作しています。
再放送などで見ることもあるジブリ作品ですが隠れた名作も多くあり、探してみると面白い作品と出会えるかもしれません。