記憶力が悪いことに対してずっとネガティブに捉えがちですが発想の転換によって長所になるといったこともあります。
ジョジョの作者である荒木飛呂彦先生の言葉を見ると一度見たものを新鮮な気持ちで見ることができ、都合の悪いことを忘れられるようです。

短所は考え方によっては長所になり、記憶力が悪いことは決して悪いことばかりではないかもしれません。
記憶力が悪い人はこういった考え方をすることによって気持ちが楽になりそうです。