娘と父の感動的な実話が話題になっています。

娘である泉福朗さんが小学生の頃に自分で編んでプレゼントした「ベスト」を
父が何年たっても大切に着続け、その後新しいニットを編んでもやはりそのベストを父は気に入っており
心筋梗塞で倒れた時もベストを着ていた、という感動的なエピソードです。

小学生の頃に作ったもので、少し拙い部分もあるベストですが、
父に取ってはとても大切なベストだったことが伝わってきて、心が温まります。