他人の目が気になるというのは古くから日本に根付いているのかもしれませんが、実際他人の目を気にしていてもその他人が自分の人生に関わることはほとんど無いですし影響もないに等しいでしょう。

それでもやはり他人の目が気になってしまって思うように行動できないこともあると思いますが、そんな時にはこのことを思い出して違う考え方もあるのかもしれないと気づけるようになると心持ちが違ってくるかもしれません。

過干渉は自分も他人も苦しめる、まさにその通りですので、自分の思考は誰のものでもなく自分のものだという意識を常に忘れずにいたいですね。