自分の趣味を相手にも理解してほしいと思うあまり、相手が異なる意見を持っていてもつい語ってしまうこともあります。

しかしそうすると、相手は相手なりの理由があって異なる意見に辿り着いているので不快に思うこともあるでしょう。

お互いの意見がすり合わせられない場合はどちらも損しかしないので、意見が違うことを認めて「この話はやめよう」と終わらせるのが得策のようです。

相手を思いやることで、自分も必要以上に傷つかなくて済みますね。