批判ばかりされた子どもは非難することを覚える、殴られた子どもは力に頼るようになるなど、悪影響になる保護者の行動を並べられています。

さらに、激励を受けた子どもは自信を覚える、寛容に出会った子どもは忍耐を覚えるなど、子どもに良い影響を与えることができる行動も書かれています。

この通りにしなければならないということはありません。しかし自分の教育の仕方の道しるべになったり、考えるきっかけになったりすると思います。

子どもの感情を抑え込むようなことはしたくないですね。