暗い森の中を走るだけでもとても怖いのに、誰かに頭を触られたような感覚がするなんてとても怖いですよね。

そんな状態で男性はよく外に出る勇気があったなと感心してしまいます。

もし本当に幽霊や他の人間の仕業だったら、外に出た瞬間に襲われてしまいそうでヒヤヒヤします。

しかしこの男性は、見た目は派手で怖そうですが、実は気さくで優しそうですね。

語り口もとても面白くて最後までドキドキしながら聴き入ってしまいましたが、きちんとオチがあって安心しました。