自分の身長より少し短い棒を持って、女王や絵描き、戦士、魔法使いになりきってきます。

子どもって大人がゴミだと思うようなものでも、おもちゃに変えて遊んでいますよね。発想がとんでもないところに飛んでいるのを、自分の子どもでよく経験しました。しかも同じものでずっと遊んでいられるみたいですね。

子どもって何故か魔法使い好きですよね。子どもがプラレールの線路を持って呪文唱えていました。

子どもの発想力は無限大です。その発想力を潰すことなく、一緒に楽しめる親でありたいと思いました。