こちらのツイートはニュージーランドの国会でLGBTの方の結婚についてスピーチしているツイートです。日本では渋谷区でも結婚届の提出が認められるようになった時代ですが、やはりまだ風当たりは強いようで、ニュージーランドでのスピーチはそんな風潮に喝を入れる感動出来る内容です。

このツイートはニュージーランドの国会で起こったスピーチ内容です。
LGBTの結婚について協議をしている中でこんな名言を残しています。
「愛し合う2人に結婚という手段を認める。ただそれだけです。」
お金がかかる訳でもないし物騒な物を作る訳じゃないんだから素晴らしい事じゃないかということを言っています。
一方で、日本の自民党の平沢議員はLGBTの人達が増えてしまったら国が潰れるという事を言っています。
文化の違いが明確ですね。
LGBTの人達にとって、風当たりの強さが無くなって行って欲しいです!