自動ゲップ出し機が人形にタッチ。機械は回転しているので人形の背中を連続して、叩くことになる。暫く、何も変化なし。ここで、若干回転速度が速くなる。すると、人形の口からミルクがプーっと吐き出し始めた!それも一瞬で終わるのではなく吐き続けるのだ。機械が制止してもなお、噴射し続ける人形。実用化は、無理であろう。ゲップ出しの行為は生後間もない赤ちゃんに対して行うもの。まず。生後間もない赤ちゃんを何かにもたれ掛けさせることは不可能です。それにこんなに強く叩き続けたら怪我しちゃいますしね。忙しいお母さんの救世主には残念ながらなれないようです。