氷につけて一瞬でカチカチに凍らした魚を、お湯につけただけでまた動き出すのが驚きです。

2本目の動画のほうの魚のほうがよく分かります。

この冷凍技術は、ブライン凍結といいます。魚が仮死状態になる前に瞬間的に冷凍して鮮度を保つ方法で、表面だけを凍らしているので、解凍するとまた動き出せるのです。

この冷凍した状態で何時間ぐらい保てるのか、気になります。海から遠いところでも新鮮なまま食べられると嬉しいですね。