自衛隊を批判したい人がいるのは仕方ないことかもしれません。

しかし、こちらに書いてあることは完全に的外れですよね?

迷彩服が戦争を連想させるなら
まずは制服のセーラー服を即刻廃止すべきでは?

自衛隊員のカレーがダメなら、
こちらの方々が炊き出しに参加するべきですよね?
人手が必要なのですから。

専門の災害救助隊に助けてもらいたい?
救助する方にも命の危険があるなかで懸命に救助している人にそんなこと言えますか?
では自分が被災していた場合は
「自衛隊の手を借りません。専門の災害救助隊を読んでください。」
とでも言うのでしょうか…。

言っていることがめちゃくちゃ過ぎて腹が立ちます。