1997年にモンスターを育てる携帯ゲームとして大手おもちゃメーカーのバンダイが販売した『デジタルモンスター』は、1999年にアニメーション化され、その後も続編や様々なメディアミックスが話題となり、現在も親しまれているコンテンツとなっています。今回注目されていたのは、デジモン攻略本に掲載されていた「クネモン」の説明文に、「今は地をはう幼虫”ポケモン”」と書かれていた内容に、衝撃が走ったといったものだったようです。

デジモンから考えると、ライバル関係にも感じられるポケモンの文字が攻略本に書かれているなんて、驚きの事実でしたね。