成功する保証が無いこと、また将来的に不透明な部分が多い職業であるYoutuber。動画投稿だけで食べていくことが難しい世界にあえて挑戦したいと言った息子の夢を応援することにした父親。強い思いをもってYoutubeに投稿している息子の動画を見せてもらうと、ゴシップサイトからコピペしただけの字幕動画というオリジナリティもビジョンもないものであったことから、息子の志の低さに思わずビンタしてしまったというものだったようです。

Youtuberになりたいと言ったからには、自分のやりたいビジョンやオリジナリティがある動画を撮ってほしいと思う親心だったのかもしれませんね。