実際にタトゥーや刺青をしている方と何度も遭遇したという方が
その入浴マナーは悪いということがまずなく、関係ないのでは?という意見や、
オリンピックもあるので、日本人の習慣を体験したい刺青のある外国人の方にも
是非銭湯を利用してほしいと賛同する声などもありました。

一方、そもそもこういった方をお断りする理由は、
反社会団体の方々を断る為の方便で、
排除の為に頑張ってきた人達を馬鹿にしてる、などの厳しい意見や

息子の日帰り温泉デビューで広範囲に刺青がある方を見てトラウマを克服するのに時間がかかった、
という批判の声もありました。

このような銭湯・温泉が増えて、嬉しい方もいれば、困惑する方も増える。
タトゥー・刺青をしている方の入場制限に関する問題は、しばらく論議が続きそうですね。