昔の「かちかち山」だと、お婆さんはタヌキに殺されてしまい、かわいそうな老夫婦に代わってウサギが仕返しにタヌキの背中に火をつける、というストーリーだったと思います。

それが現代では、お婆さんは殺されないし、ウサギもタヌキもお爺さんもお婆さんも仲良くお茶を飲みながら
打ち上げパーティーで終わるという、なんともマイルドすぎる内容に修正されています。

そもそも本当の「かちかち山」は、
みなさんが一般的に知っているものよりもかなりえぐい内容になっていて
それから修正が成されたものなので、一概になんとも言えませんが、
現代版はちょっとマイルドのテイストが強すぎて、
「悪いことをしてもOK」になってしまっているところがちょっと納得いかない感じがしますね。