いかがでしたでしょうか?最初はなにがおこっているのかわかりませんよね。黒板っぽい色のものになにやら図形が描かれています。前に立っている講師のような人がそれに触れるとそのものが移動していますよね。

そして、なにやら液体などを注いで何かと反応させるところまで忠実に描かれています。そして、どうやら反応させたのが爆発物質だったようなので、試験管は見事に爆発していますがそんな様子も最先端です。東京でもこのような授業はまだまだ普及していないと思いますし、中国の技術ってすごいですよね。