1984年に公開された、スタジオジブリのアニメ作品『風の谷のナウシカ』。主人公である族長の娘ナウシカは、風邪使いとして大気を読み、メーヴェと呼ばれる架空の飛行用装置を乗りこなす場面が作中に何度か登場しています。今回注目されていたこの画像は、メーヴェに触発された八谷和彦氏によって行われていた、飛行可能な一人乗りのジェットグライダーの試作を試みるオープンスカイプロジェクトのテストフライの様子だったようです。

アニメーションでみたあの夢の乗り物が、ついに現実で自分自身が乗れる可能性があるものとして出来上がってきているなんて、とてもワクワクするお話ですね。