若くして不慮の事故で死んでしまった男の子の両親は、脳から人格を再現できるAI技術に巨万の富を払い、息子のAIを作ることに成功しました。法律上の決まりなどから、存在できるのは49日間のみとなっており、その間に両親や友人たちがお別れのあいさつを告げに様々訪れていましたが、一人の女の子はAIである僕の存在を否定する言葉を告げ、その場を去ってしまいます。女の子が好きだった男の子が気持ちを告白すると、やりきれない思いから女の子は涙を流してしまったということでした。

今後技術の進歩によっては叶うかもしれない死人のAIによる再生技術というお話は、とても考えさせられるものでしたね。