話にあまり共感できない、しかし相手の気を悪くさせたくない場合、もしくは相手が面白いと思って話をしている場合、聞き手側は楽しいそぶりをしなければいけません。そんな「愛想笑い」が必要な時は、1手で口元を隠す、2手で顔全体を隠す、3腕で身体全体を隠すの動作を、顔を隠しながら身体を軽く震わせる動作と同時に行うことによって、「笑いをこらえている感じ」が簡単に演出できるため、「愛想笑い」が苦手な方にはおススメの方法だということでした。

どうにも「愛想笑い」が出来ない場合に、この方法を使えば相手も自分も気分よく会話が出来るかもしれませんね。