人間や動物の中の種類の中には、それぞれの個体によって異なった瞳の色を持つものが存在しています。実は、動物の中で同じ種族内で瞳の色が変化するのは、ヒトと家畜化された動物のみであり、野生動物たちの瞳の色は同一種のなかでほぼ同一化されていたということだったようです。また、ヒトの瞳の色が様々に進化したのも、8000年前というごく最近の出来事だったということでした。

人間の瞳の色や動物の瞳の色などに野生や家畜化などの違いによって、こんな理由があったなんて、驚きの事実ですね。