村から鬼に食べられるため、生贄として捧げられた少女。覚悟を決め鬼のもとへ訪れた少女ですが、鬼が村人に求めていたのは食べるための生贄ではなく、家事手伝いをしてくれるお手伝いさんでした。それを勘違いした村人は生贄として少女を選んだようで、そんな少女を不憫に思った鬼は村へ帰るように促します。村に居場所がない少女が申し出を断ると、鬼は少女にお試しで自分の妻として一緒に暮らすように提案するのでした。

生贄として食べらる覚悟をしていた少女と、思いもよらない提案をしてきた優しい鬼、二人の今後がとても気になる展開でしたね。