穀物のソバの実を原料として作られた、蕎麦粉を加工した麺類の蕎麦は、木製か竹製の四角形の器の底に、すのこを敷いたせいろやざるに盛り付ける、または丼に入れて提供される方法が一般的となっています。そんな中、居酒屋チェーン店、居酒屋革命酔っ手羽のヨドバシ店では、店長が周囲から大反対されたという月見蕎麦をジョッキに入れるというアイデアで、蕎麦の提供を行っていたため、話題となっていたようです。

一般的な蕎麦の提供方法とは180度違った斬新なアイデアで、とても興味深い商品ですね。