ケーキ屋さんを営んでいるこぐまさんは、お店の年末の「おおそうじ」を行うことにしました。よくよく聞いてみると、「おおそうじ」のことを、「おおおそうじ」とこぐまさんは言っており、こぐまさんの考え方では「おおきな」「おそうじ」なので、おが3つ並んだ、「おおおそうじ」だと思っていたとのことだったようです。考え始めると、何が正解か分からなくなってきてしまいましたが、「おおみそか」も「おおおみそか」と間違えて発言したこぐまさんのおかげで、正しい日本語を取り戻せたようでした。

普段は何気なく使っている日本語の丁寧語の「お」ですが、改めて考えると難しい感じがしますね。